ベトナムにおけるコンビニエンスストア

海外の店は、トップページが通信販売のページなことが多い。

目次

概要

ベトナムの人口は1億人に迫る勢いであり、また若者も多い。経済成長も著しく、小売業は2020年には1800億USドルにまで拡大すると予想されている。
2020年現在、ビンマート(VinMart+)とバックホアサイン(Bách hóa XANH)の2強状態となっており、VinMart+が全土に展開するのに対し、バックホアサインは南部を中心に展開し、南部地域ではVinmartを下す地域や、VinMart未出店地域も多い。

その他外資系コンビニは大半がホーチミン市を中心に展開。サークルKがハノイ・ハイフォンに進出しているほかは南部の数県にのみ展開するパターンも多い。VietJoの記事によれば、ホーチミン商工会のデータではホーチミン市のコンビニ店舗数は2018年末で1144店舗となり、同市内のコンビニ店舗数はベトナム全土の70%にも達するという(出典)。

物流の関係も大きいが、中部は冷遇されており、例えばベトナム第4の都市で100万都市でもあるダナンへはVinmartのみが出店している。

店舗別解説
ロゴ(あれば) 店名 進出地域 略説 店舗数 公式サイト
ビン・マート
(Vin Mart)
ビンマートプラス
(Vinmart+)
ほぼ全土 2016年6月時点で830店舗だった(出典)が、2018年末には1700店舗と倍増(出典)。 2183(2020.3)
当サイト調べ
ビンマートプラス
(ベトナム語)
  バック・ホア・サイン
(Bách hóa XANH)
南部中心 ベトナムのミニスーパー(というよりわりとスーパー)。南部を中心に展開。
テ・ゾイ・ディ・ドン(Thế Giới Di Động)は倍の2000店舗ほど存在。
1174(2020.4)
出典
バック・ホーア・サン
YouTube
(ベトナム語)
ファミリーマート ホーチミン、平陽(ビンズオン)、艚(ブンタウ) 全世界的な展開については左記参照。
ベトナムへは2009年12月、日本発祥のコンビニとして初めて進出。2013年8月に一度はB's martに全店舗を奪われるが([2])、2016年7月にはVIDグループ[1]と提携し再起を図る。(出典
160(2018.5)
出典
ファミリーマート(ベトナム語)
  サークルK ハノイ、ホーチミン他3省1市 全世界的な展開については左記参照。
ベトナムへは2008年に進出。
ビンマート以外のチェーンで唯一北部にも進出。
389(2020.4)
出典
サークルK(ベトナム語)
英語対応あり
  セブンイレブン 全店舗ホーチミン市内 全世界的な展開については左記参照。
ベトナムへは2017年にホーチミンに進出、6月15日に1号店を開業させた(出典)。
28(2019.5)
出典
セブンイレブン(ベトナム語)
英語対応あり
ミニストップ ホーチミン、ビンズオン(1店舗のみ) 全世界的な展開については左記リンク参照。
144(2020.2)
出典
ミニストップ(ベトナム語)
サトラ・フーズ
(Satra Foods)
  ベトナムのミニ・スーパー。 144(2018.5)
出典
ビーズ・マート
(B's Mart)
ホーチミン市内 タイに本社を置くコンビニエンスストア。
2013年8月にフータイグループ(PTG)を買収し勢力を奪う([2])。
108(2020.4)
出典
かつて存在した企業
  ショップ・アンド・ゴー
(SHOP & GO)
  2019年にビン・マートに1アメリカ・ドルで買収される(出典)。 ホーチミン:70
ハノイ:15(出典
 

その他、外資系ではC-Express & New Cho(フランス)、GS25(韓国)、Cheers(シンガポール)なども進出している。

コラム・「Vinmart vs B.H.X」

脚注

  1. ベトナムにおける事業展開の加速についてファミリーマート
  2. Vietnam Investment Development Group(和訳するならベトナム投資開発グループ)戻る
  3. Explosion of Competition in Vietnam Convenience Store Market 20182018年ベトナムのコンビニエンスストア市場における競争の爆発〕(B&COMPANY)
  4. 流通大手のフータイ、ファミマとの提携解消で店舗名を「ビーズマート」に改称VIET JO

出典・外部リンク

世界コンビニ・スーパー名鑑に戻る
トップに戻る