小ネタ

コンビニとドラッグストアの歴史を比較

全国制覇史

ドラッグストア 年表 年表 コンビニ
マツモトキヨシ、全国制覇(和歌山) 2020.6 1997 ローソン、全国制覇(沖縄)
ツルハ、全国制覇?  2027? 2006 ファミリーマート、全国制覇(北海道)
ウエルシア、全国制覇? 2030年代? 2019 セブンイレブン、全国制覇(沖縄)

再編史

ドラッグストア 年表 年表 コンビニ
小規模~準中堅が統合され、上位10社程度に再編 2020 1993年~2000年頃 小規模~準中堅が統合され、上位10社程度に寡占
中堅同士(マツキヨ・ココカラ)が合併 2021 2004
(子会社化は2001年)
中堅同士(サークルK・サンクス)が経営統合
(一部県を除き)上位5社程度が寡占 2020年代後半? 2006 (一部道県を除き)上位5社程度が寡占
大規模企業の合併
中堅の大企業への合併、フランチャイズ化
2030年頃?
(連携自体であれば現時点でも起きている)
2015~2017 大規模企業(ファミリーマート・CKS)の合併
中堅(ココストア、スリーエフ、セーブオン等)の大企業への合併、フランチャイズ化
(一部県を除き)上位3社程度が寡占 2030年代? 2018 (一部道県を除き)上位3社が寡占

論文・書籍など

米国のドラッグストアに関する研究は古くから存在し、一例に浦野清五郎による「米国ドラッグストアの現状より考察する我国分業後の薬局展望」(1954年、9月に1が、10月に2が発行)等が存在するが、日本のものについては中井恵美子「ドラッグストアの現状と展望」(1993年9月)が最古か。その後もサツドラ社長の記事などは存在するが、本格的に取り上げるようになったのは週刊ダイヤモンドの「コンビニを脅かすドラッグストアの快進撃」(1997年2月)が嚆矢だと推測される。

Jstageで読める文献は、多くが医療関係のものであり、立地条件などの研究の文献は存在しなかった。

過去の栄光

こちらのファイルも参照

ヒグチ産業

今では60店舗ほどを数えるのみとなったヒグチ産業だが、往時は500店舗ほどを抱え、「目標、1327店!」という壮大な数字を掲げていたこともあった。
店舗検索で一番古くまで遡れるデータによると、17都府県に少なくとも99店舗(うち調剤薬局7店舗)を展開していた。また、2008年のMD-Xの調査では162店舗とあった。

コクミンドラッグ

コクミンドラッグのウェブサイトも参照

かつて業界1位のドラッグストアだったコクミンドラッグ。ウェブサイトの歴史も古く、2000年から存在する。但し、店舗表示がまさかのgifファイルのため、ところどころ飛び飛びである。それでも少なくとも168店舗が確認できる。

2004年になると都道府県別(店舗数の多い県ではある程度の塊で市区町村別でも)の店舗数表示になる。224店舗が確認できた。

(参考)ツルハドラッグ

アーカイブによると、2007年時点では

が確認できる。ここから2000店舗台まで増えたからすごい

「ドラッグストア勢力図」トップに戻る
「ちや14歳」トップに戻る